底地

article

底地という資産について

きれいな家

不動産とは立派な資産です。ですから、とりあえず持っていることに意味はあるのです。そこに住むことができますし、まして、貸すことによって利益を得ることもできるのです。普通に貸すのであれば別なのですが、キチンと権利としての借地権がある土地というのはなかなか厄介なことになります。
そうした権利が設定されているのが底地といいます。日本では、借地借家法の定めがかなり厳しいことになっています。借り手に物凄く有利になっているのです。また、借地権の存続期間が長くなりますと借地人の権利がますます強固になります。例えばそこの土地を買い取る場合に借地人が借地権を持っていることが買い取りの際の割引をすることになる可能性が非常に高いです。ある意味ではその土地に関する権利の割合が強くなっていく、ともいえるのです。それが底地になります。
ですから、借地権にも価格が存在しています。とにかく出て行って欲しいとなりますとその借地権を買い取ることになるでしょう。もちろん、円満に出て行くこともあります。どうしても出て行かない場合はいくらかで買い取りとなります。これは通常の賃貸契約でも更新をしないように求める場合に引越し費用を出すとかそうしたことと同じような意味合いがあります。

update article