底地

article

底地を相続することになるかもしれない

昔からたくさん土地をもっているけれど、使うあてがないという人はその土地をどうすると思いますか?
1つの方法としては土地を売却することですが、土地はそのまま所有しながら土地を使用する権利だけを売却するという方法がとられてきました。その土地のことを底地といいます。一見使わない土地を有効活用できて、土地代を徴収できるよい方法のようですが、現在の経済状況では土地代の利回りも低くリミットが少ないだけでなく、借地権者との間にいろいろな制約があるため簡単に売却することも難しく、とてもややこしい土地なのです。そんな底地を相続することになるとなった時にはさらに注意が必要です。
実は収益性があまりないことが多い底地ですが、相続税評価は高くなる傾向にあるのです。つまり、収益よりも支払う相続税の方が多くかかる、なんてことも。ですので、親が底地を持っていてそれを相続することになりそう、なんて方はその土地の相続税評価がどの程度なのかを事前に確認しておくのがよいでしょう。
そして、親の生前にその土地を相続するのか、それとも手放しておくのかを考える必要もありますね。ただ、この底地の売買ですがいろいろと複雑ですし、制約も多くなります。専門家に相談するのがお勧めです。

底地における建物の所有権の問題

不動産には、土地と建物があります。マイホームを建てるにしても、まず建てるための土地を確保しなければ、建てた家に住むということができませんから、大抵は土地と建物はワンセットで所有されます。家を建てる権利と、建てた家に住む権利を同時に得るその行為が、家を手にするということなのです。
しかしまれに、土地の所有者と建物の所有者が、別の人間になることもあります。この場合の土地を指す言葉か底地です。土地を所有していても、建物を所有しているわけではないというのが底地の状況で、この場合には自由に建物を使用したり売ったりはできません。建物には別に所有者がいるわけですから、その所有者の許可を得なければ、建物に関わる行動の全ては行えないのです。
土地の所有者が建物を自由に使ったり売りに出せる状態のことを、完全所有権を得ている状態と表すのに対して、底地は所有権が不完全な状態と言われたりもします。土地も建物もどちらもの所有権を持っている場合と比べて、制約が多く取れる手段はそう多くありません。
底地を持った時には、その状況で何ができるかを知る必要があります。そうして自分の行える範囲で、将来的にどうしていきたいかを考えて、運用していくことが求められます。

底地を相続した際の相続税を賄う方法

近親者が亡くなった際に財産を相続することがあります。相続財産は主に現預金や有価証券などの動産、土地、建物などの不動産に分類することができます。財産を相続する場合財産の額によっては相続税が発生しますので注意が必要です。現預金などの動産を相続した場合、手持ちの現預金で支払うべき相続税を賄うことができなかったとしても、相続した現預金(有価証券などは売却代金)を用いることによって相続税を支払うことが可能です。
一方、土地などの不動産を相続した場合、手持ちの現預金で支払うべき相続税を賄えないとするとかなり不都合が生じます。不動産は有価証券などの動産と異なり、売却する場合の流動性が低いからです。しかも、底地の場合、土地の上の建造物が異なる持ち主のため、さらに売却するには困難が生じます。相続税を支払えない場合、最終的には相続財産を差し押さえられ、競売にかけられる可能性があります。
それを防ぐための方法として、底地を現在の上物の所有者に売却するという方法があります。土地の所有権を売却することで現在の上物の所有者は土地建物の利用、処分がしやすくなりますし、底地の所有者は流動性リスクを押さえ売却代金として競売にかけられるよりも多くの現預金を入手することができ、相続税の支払いが可能となるのです。


親の底地を相続することになったという方は、一度専門業者に相談してみるのもいいかもしれません。自分ではどのようにすればよいのかわからない底地ですが、専門知識を有する方なら有用な処理方法を提案してくれます。もっているだけではメリットが少ないので、わからないことはきちんと相談していくようにしましょう。

recent posts

2017年03月07日
底地とはどのような土地かを更新しました。
2017年03月07日
底地の問題となるところを更新しました。
2017年03月07日
底地という資産についてを更新しました。
2017年03月07日
底地という収益性がある土地を更新しました。

update article